検索

Suno&Morrison Hand Print Fabric

2019/04/29 Suno&Morrisonの新作も続々と届いています。 定番のカディに新色を加えたものから、今回はスピンオフシリーズとして、シャツドレスやワンピースなどの鮮やかで軽やかなウエアも豊富。 特に今シーズンのタイルをモチーフに描かれた柄は、透けるようなコットンシルクの手織りの生地やオリジナルでつくられたカディオックスフォードの生地に山形で手捺染され、バンダナやストール、クッションカバー、ワンピースなどに姿を変えています。 おおらかなタッチで描かれたデザインはよくよく見ると可愛らしいカタチもあり、クールなインディゴカラーにユーモアたっぷりの柄で、デザイナーの由清乃さんの人柄が表れているなと感じます。彼女のドローイングから生まれるファブリックは毎回本当に楽しみなのです。 110×110の正方形マルチカバーは風呂敷としても活躍してくれる一枚 旅行の時は、肌着などを包んでいき、旅先のテーブルクロスにしても。 リバーシブルにして裏表の濃淡を楽しめます。 45×45 クッションカバー 手紡ぎ手織りのオックスフォードカディの風合いにハンドプリントならではのかすれやにじみが寄りそう時間とともにより一層味わい深くなっていきます。 肌当たりがよく、本当に心地のいいクッションカバーです。 他にもまだまだ!

Seagrass Basket

2019/04/19 ベトナムでつくられているSeagrass(海藻)のバスケットたち。 Seagrassはベトナムのバスケットづくりにおいて、ポピュラーな素材ですが、Suno&MorrisonがつくるSeagrassを使ったバスケットに関しては、かつて皇室に収められていたという繊維が長くて強く光沢のあるものが用いられ、収穫、選別、乾燥、編みと複数の工程を熟練された現地の職人によってつくられています。 蓋つきのバスケットは細かく編まれた目が畳のようにも見え、落ち着いた雰囲気を感じます。お店では、充電器やアダプターなどをまとめて収納しており、蓋があることで、見栄えはもちろん、ホコリなどの心配もなくPC周りを有機的な空間にしてくれているありがたい存在です。 こちらは原料のSeagrass(海藻)をロープ状に縒り、細かな格子の目のように編み上げてある大変ゆったりとしたかたちです。 室内ではランドリー用や布ものを収納したり、ざっくりとリビングに置いてあっても重たく見えず、ラフな使い方ができるのがうれしい。 これからの季節は簡単なピクニックアイテムを準備して車の荷台にポンと置いて出かけても 楽しいだろうな〜と想像しています。 ボトムスなど一度履いてすぐに洗わない洋服は(意外とあるものです)、少し干してからこちらのバスケットにポンッ…と使えるのがいい! 取っ手付きのこちらは、ハンカチやストール、靴下など軽めのアイテムを収納したり、植物のグリーンポットとして空間のアクセントに。 大きいサイズは吊るさず、玄関のスリッパ類を収納するにもおすすめです。 国や地域によって、素材も形も様々なバスケット

Kottan Basket

2019/04/18 椰子の葉を細かく丁寧に編みつくられたKottan Basketはインドのタミルナードゥ州、チェッティナード地域の伝統的な技術。一度は絶滅してしまったものを非営利団体の活動によってまた新たに作られることとなり、現在は地元の女性たちの手によって一つ一つ編まれています。 三角に編まれた鱗のような表情 、鮮やかなネイビーは見る角度で色が変わって見え、Suno&Morrisonらしい配色によって、植物の美しさ、技術の素晴らしさがより表現されています。 小物入れやサニタリーケース、ランチボックスと使いたいシーンは様々。 しっかりと深さのある蓋をセパレートして使うのもよいのではないでしょうか。 < Kottan Basket > color:Natural/Navy size:S/M/L material:Palm leaf from India 様々な素材や形があるバスケットまだまだございます。 少しづつご紹介いたしますね。 お問い合わせはメールにておまちしております。 info@morozumi-stall.com

muku 2019/SS ご紹介①

muku春夏の新作、鮮やかなインディゴブルーが美しいです。 今季からmorozumiでも、ワンピースとトップスのご案内が始まったので、店内の雰囲気に流れが生まれて、リネンの軽やかさに心はずむ日を過ごしています。 ロング丈のワンピースはさらりと一枚で着ていただいても、パンツを合わせても◎ ウエストに施されたギャザーは、着るとサイドだけでなく全体に動きをつけてくれ、リネンの軽やかさを引き立ててくれます。 一つのサイズでシルエットが変わる楽しみはこういうディテールからも生まれるのです。 そして今季もパンツはメンズにもおすすめです。 写真はスリムタイプのパンツ(173cm/ML着用) 短めの丈がお好きな方はSMサイズでもいいかもしれません。 季節によってサイズを変えて楽しめるのもmukuのユニークな魅力です。 こちらはアーカイブのパンツ わずかにウールやコットンが入っており、我が家では通年通して活躍してくれています。 日本では夏のイメージが強いリネン。 原料であるフラックスは通気性はもちろん保温性にも富んでおり、リネン100%での優しい温かさを感じることができる上、そこにわずかコットンやウールが入ることで、季節問わず身に纏いやすく軽やかなのに温かいという嬉しい存在です。 こちらのパンツ類もわずかご用意ありますので、ぜひお声がけください。 少々写真が多くなりましたが、また日を改めて少しずつご紹介いたします。 気になるものがありましたら、メールにてお問い合わせくださいませ。 morozumi

muku 2019 New collection

昨日より、mukuの新作をご案内しております。 シンプルな中にある細やかなディテール 着る人によってシルエットを変え、着続けていくことで出会える寄り添った形は、暮らしの道具としてデザインされたmukuのユニークで愛すべき魅力 男性も女性も、身長などのサイズにもとらわれず、まずは袖を通していただきたい。 まだまだ寒さと暖かい気候が行ったり来たりですが、昨日は暖かく、涼やかな麻の景色にみなさん手に取り、感触を楽しまれていて心地の良い時間となりました。 そしてお客様のご試着を思う存分私が楽しむという嬉しい一日に!感謝です。 今季の淡いストライプや鮮やかなインディゴブルーは青空や新緑に美しく映え、気分はすでに夏を思い描いています。 シルクレーヨンのとろんとした黒いワンピースはお祝いの席など行事ごとにも活躍してくれそう。 また少しずつご紹介いたします。 muku2019SSぜひご覧ください。 morozumi

Rug Collection

4月ですね。 今日は暖かく、心地の良い風に花びらが舞っています。 草木も芽吹き、花の色は豊かでいい季節です。 さて、皆さまからお問い合わせを多くいただきますラグやマットのコレクションページをつくりました。https://www.shopmorozumi.com/rugs サイズや素材、使用感などなかなかご自身に合う一枚と巡り合うのが難しいラグやマット。プレオープンに開催しました「ガラ紡とラグ展」でもそんなお声を耳にしました。morozumiでは、インドやラトビアをはじめとした手織りのラグやマットをご紹介しております。素材も織り方も様々で、見ているだけでも愉しいものばかり。 店頭にて広げて見ていただけるのはもちろんですが、事前にコレクションページからラグの種類を見ていただくことで、お部屋やレイアウトのイメージづくりのお役に立てたら嬉しいです。 そしてぜひ実際に広げて触れて見ていただきたい! ザックリとした素材に思えて繊細な肌当たりだったり、奇抜な色彩に見えても品のある素材 の表情が美しかったり…とまた違った用途も発見できます。 美しくユニークな手しごとを、タペストリーとして楽しんでいただくのもおすすめです。 コレクションページはsoldのものも含まれますが、気になる一枚がありましたら、ぜひお問い合わせください。これから少しずつ追加していきます。 また、ラトビアのベッドリネンやテーブルリネンなど大判の手織りリネンもご用意しております。 布は変幻自在です。いろんなアイデアで心地の良い空間が生まれる素晴らしい生活道具。 そして、一枚が生まれるまでの背景もまた様々です。 ゆっくり選びなが

© 2020 by morozumi All Rights Reserved.