検索

Kameli apartment 展 2020

2020/10/15 ここ数日は季節が行ったり来たりした天候でした。 夏日のような日をぶり返しましたが、今日はしとしとと雨が降り、気温もぐんと下がり始めています。 そんな中、まだ暑さの残る南の地、黒島から届いたたくさんの箱。 開けた瞬間に、リネンやウールの香りが溢れだし、一枚また一枚と取り出しては美しい織柄にため息がこぼれます。 明日、10/16(金)より、Kameli apartmentの麻樹さんから届いた美しい手しごとたちが並びます。 昨年初めてご紹介した際には、不安定な天候にもかかわらず多くの方に触れていただき、うれしい時間を過ごさせていただきました。そして、色々なことがある今年、開催をお伝えする前から「今年もKameli展はありますか?」とお声を頂戴することが幾度かあり、楽しみにしてくださる方がいらっしゃることによろこびを感じました。 思えばこの一年、麻樹さんとは事あるごとにものづくりの話をしていたように思います。 ラグをはじめ、プレイスマットやニットガウンについてどんなサイズがよろこばれるか、使い易いか、和室にはどうかしら、やはりポッケはうれしい、小柄な人にはどうだろう... と、昨年の会期が終わる前からすでにこの会のための話が繰り広げられていき、改めて麻樹さんのものづくりや生活道具として暮らしに寄り添う究極のカタチや存在を生み出そうとする熱心さに引き込まれ、楽しんで向き合っている愛情深さに尊敬と憧れを抱きます。 そして何よりもこちらがとても楽しい気持ちになることに心から感謝をしています。 話は話のままではなく、実行に移すのが麻樹さん。 ラトビアに暮らす熟練のつくり手

© 2020 by morozumi All Rights Reserved.