検索

明日からmuku 2019 秋冬受注会です

2019/7/18 いよいよ明日19日よりmukuの受注会が始まります。 なかなか抜け出せない連日の雨降りに、毎日天気予報を見ては、どうかどうかお日様を拝ませてください…と願うばかりです。(あぁ、雨が降り始めました…でもきっと大丈夫!) さて、受注会と聞くと少し硬いイメージを持たれてしまうかたもいらっしゃるかもしれません。 さらりと寄れる立地でない上に、靴を脱いで上がるとなるとここまで運んでくださるのにも大変勇気がいるかと思います。 天候の願いとともに、ふらりときていただきたい!というのがもう一つの願いです。 以前にも書いていますが、mukuの衣服は「道具」として捉えられデザインされています。 目で見るのと袖を通すのとでは形がガラリと変わり、その人の身体に寄り添いながら馴染んでゆくのです。 オープン当初、mukuのディストリビューターであるLTshop松田さんに無理を言い、ベストとパンツとコートだけを揃えさせていただきました。(mukuといえばワンピースも定評があるのに…ですが。) どの型もユニセックスで楽しんでいただけるものだったからです。 そして、何よりも私たち自身がとても好んで着用していました。 悲しいかな私より下半身がスリムな両角さんはパンツのSMサイズも丈短めで着れますし、型によってはそのサイズの方がバランスがいいものもあります。 また、私の母は私よりも小柄ですが、袖丈も長いMサイズのコートをとても格好良く着ています。 あまり美しい表現ではありませんが、道具として捉えた上で言うならば、mukuの衣服は本当に「稼働域が広い!」のです。 着てから感じるゆったり感は決してリ

muku 2019AW 受注会

2019/07/11 リトアニアのリネンウエアブランドmukuの秋冬コレクションの受注会を開催いたします。 muku -ムク- 元々は子ども服から始まったブランド。ファッションというよりも“暮らしの道具”だとデザイナーのドーヴィレとミンドウガスは言います。 リネン工場で洗いをかけた生地を一枚一枚手で裁断し、素材に寄り添いながら丁寧に仕立てたワンピースやパンツは、年代や性別を越えて着る人のからだに馴染み、面白いほどに形を変えてゆくのです。暮らしの道具として、mukuのユニークな一枚を迎えていただけたらうれしいです。 期間中は、この季節にお使いいただける春夏のコレクションと松の根やヘーゼルナッツで編まれたリトアニアのかごも即売にてご紹介いたします。 また、前回のKhadi Stole展でもご好評を頂きました、「素材そのままの美味しさ」イグル氷菓のアイスキャンディーも販売いたします。 素材の豊かさに溢れた9日間をお楽しみください。 7月19日(金)~28日(日) muku 2019AW 受注会 from Lithuania | Open | 月-木10:00-17:00 金土日10:00-18:00 *会期中休み24日(水) *最終日17:00まで *この期間はイグル氷菓のアイスキャンディーも販売いたします。保冷バッグやドライアイスのご用意はありませんので、必要な方はご持参ください。 *秋冬コレクションはご注文いただいてからリトアニアでおつくりします。 仕上がりは9月中旬を予定しております。 *シャツやコートはメンズの合わせも承ります。パンツはユニセックスでご提案しております。 Ph

湿性花園

2019/07/07 少し前、雨の箱根へ行きました。 大好きな人たちが企ててくれた愛の罠に見事引っかかり、束の間の穏やかな時間。 ふやけるほど浸かり続けた温泉は久方ぶりで、あの香りがたまらなく恋しい今日この頃です。 何を食べるか、どこへ行くか、同じ物や場所でもやはり「誰と」が重要なのだと感じた時間でした。 はこね湿性花園 ここがまた、雨がしとしと降る中で見られて、広大な心地のいい場所。 主に水湿地に生育している植物を中心にした植物園なのですが、低地から高山植物まで豊富に見ることができて、季節ごとのエリアもあり湿原を散策しながら見てまわることができます。訪れた季節は夜間にホタル観賞があるようでした。 季節を変えてまた訪れたいなと思います。 普段から、店の庭で緑の生命力を感じながら過ごしているけれど、歩いてあるいて時折流れる風や雨の音も相まって、静かだけれど力強いエネルギーを感じることができました。 パワーチャージさせてもらえたところで始まったKhadi Stole展も無事に会期を終えホッとしています。今月末からはリトアニアリネンのウエアブランド muku-ムク- の秋冬コレクション受注会が始まります。 上半期を閉じて、7月。 あっという間に感じながらもみなさまに支えられていること日々感謝です。

Khadi Stole展 終了いたしました

2019/07/05 Suno&Morrison - Khadi Stole展 - 6/30にて無事に終了いたしました。 梅雨とわかっていたものの、雨足が大きい日も多く「来ていただけるのだろうか…」と不安になる日もありましたが、紫陽花の季節も相まって雨の北鎌倉を楽しんでいただける方にも恵まれ、会期中は外の天候とは打って変わって穏やかな楽しい時間となりました。 みなさま本当にありがとうございます。 このお庭は雨が似合う。その言葉に何度も救われました。。。 普段からSuno&Morrisonのアイテムを豊富にご紹介させていただいていますが、これだけのカディストールが並ぶと、由清乃さん楽しんで生み出しているなーとつくづく感じました。 (もちろん大変なお仕事なのですが) 初めてカディというものを知り、手に取る方、既にご愛用中の方も同じように感じていただけたのではないかと思います。 普段は柄物とか身につけないけれどねなんだか愛らしくてと選んでいただけたり、この色少し派手かしら?でもなんだか惹かれる!とみなさん本当に楽しそうでした。 巻き方や使い方も、こちらからだけではなく、お客さまからもレクチャーしていただけたのも嬉しかったです。 そしてイグル氷菓のアイスキャンディーを楽しみにいらしていただく方も多く、雨にも関わらず外の椅子でみなさん楽しそうに召し上がっていました。いい光景でした〜。 美味しく食べていただくための品質管理を徹底としているイグルさんの協力のもと、こまめな補充をしながら美味しさを逃さないようにお届けできたことにホッとしておりますが、今回のイベントを通して、アイテムこそ違えど、

© 2020 by morozumi All Rights Reserved.