検索

ガラ紡 と ラグ 展 あと3日となりました

2019/11/23 日本のガラ紡、インド、ラトビア、ポルトガル、メキシコ、ベトナム(番外編)の手織りラグに囲まれた、旅をしているかのような贅沢な空間もあと3日となりました。一言にラグといっても大きさや素材、柄や装飾的なものまで全てが違い、同じ素材でも紡ぎ方や肌あたり、匂いも様々。 文化やその土地の色、風景が映し出された絵画のようなものばかりでさながら美術館や博物館にいるようです。 会期もわずかとなった今ですが、なかなかこちらでご紹介できていなかったので改めてご紹介いたします。 | Suno&Morrison | インドの手織りラグ & ガラ紡 インドのジャイプールや北西部にあるグジャラート州で織られる彩り豊かなラグたちは、ウールやコットン、ジュートなど素材や織り方も様々で、見ているだけでもワクワク楽しい気持ちになります。 今回は新作の市松柄やmorozumiでもご好評いただいているNomad Rugシリーズなど沢山届けていただきました。 Nomad とは遊牧民のこと。 グジャラート州の遊牧民が作るNomad Rugは、ラクダに乗せて運べるよう、流線形の木の枝で作られた織り機で一本一本みっちりとても丁寧に織られて丈夫なため、100年保つと言われています。 天然染料染め、もしくは無染色の毛が用いられ、砂漠暮らしの中で生まれた幾何学パターンや織り始めと終わりの美しい始末、独特のフリンジなどが主な特徴です。 そして、職人の減少により今では二家族でのみ織られている大変貴重で伝統的な技術によるラグです。 美しい表情はタペストリーにもおすすめです。 オーガニックコット

ガラ紡 と ラグ展 pips / サムエル工房

2019/11/16 サムエル工房のラグ 初めてご紹介するメキシコのラグです。 メキシコは16世紀のスペイン統治以来、今もなお 62の先住民族(インディヘナ)が存在し1000万人以上暮らしているそうです。それぞれに持つ伝統的な技術や文化、自然の中からつくりだされる品々や民族衣装などは大変魅力的なものがあります。 サムエル工房のラグを手にした時、しっかり織り込まれているのに軽やかで柔らかい印象を受けました。そして美しい色が全て植物や昆虫からつくる天然染料だということ、「水、山、川」などの意味を持つ織り柄に魅了されました。 今回は80×150cmの大判と、50×50cmの和室などにも合う正方形サイズを届けていただきました。 正方形サイズは8つのデザインから選んでいただき、*受注生産となります。 それぞれの意味合いで決めていただくのもよし、直感で選んでいただくのもよし。 楽しく悩みながらお選びください。 *正方形サイズは1月中に仕上がり予定です。 大きな木製の機織りに色鮮やかな糸が美しい。 細かく丁寧な仕事はもちろん身近な昆虫や植物から採れる天然染料で染められた糸はその発色の良さにも驚きます。 そして右上のウチワサボテンの写真、こちらはサボテンに付くカイガラムシという昆虫から赤い色素を採ることができるとのこと。なんとなんとその色素は2000年初頭までお酒のカンパリの天然着色料として使用されていたようです。びっくりですが鮮やかです… - サムエル工房 -  メキシコ南部、オアハカ州のティオティトラン デル バジェは良質な織物が盛んな村で、200軒以

ガラ紡 と ラグ 展

2019/11/10 いよいよ14日からガラ紡とラグ展が始まります。 昨年プレオープンの際に開催したこの展ですが、今年は日本のガラ紡とインドの手織りラグ(Suno&Morrison)に加え、ラトビア(Kameli apartment)・ポルトガル(CASTELLA NOTE)・メキシコ(pips)と素材や織柄豊かな手織りラグが並びます。 それだけでもう愉しいのですが、今回はみなさんのご好意にて+αのアイテムもご用意いただきました。 初めての合同展なので(しかも欲張りに4人もの方に…)、どんな空間が生まれるだろうかとドキドキしつつも本当に本当に楽しみです! Suno&Morrisonのガラ紡は、以前にもwindに書きましたが、私たちがお店を始めるきっかけにもなった大切なアイテムです。日本で最も古い紡績であり、優れた技術でありながら、手間や時間をかけてつくる故、失われつつあるガラ紡、絶やしたくないという気持ちはもちろんですが、素直に心地よいと感じ多くの方に触れて欲しいというのが一番です。そして、何よりもSuno&Morrisonから生まれるユニークなガラ紡の世界を楽しんでいただきたい! その思いでご紹介いたします。 そしてそして、ラグ。 ここ数年でラグを探し続けている方に会うことが多く、そうかなかなか出会えるものではないのだなと感じました。 幸い私たちは縁のあるラグに出会えていて(Suno&Morrisonのものです)ラッキーだったので、どうかラグ探しのお手伝いができないかとお店のオープンにたっぷりご覧いただけるようにしたのが始まりでした。 最初こそこんなにラグがあって大丈夫だろう

© 2020 by morozumi All Rights Reserved.