注連飾り

2020/12/24


先日の縄綯いワークショップも無事に終わり、それぞれに個性豊かな輪飾がたくさん出来上がりました。

祈るように手を合わせ、稲藁の感触と青い香りをじっくりゆっくりと綯ってゆく。

この季節のうつくしく力強い光景。

古の時代から今に伝わっていることがとてもうれしく、絶やしてはならないと感じた時間でした。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。




注連飾り販売会も残すところあと5日。

今年は横畠さんにうんと意気込んでいただき、たくさん届けていただきました。

その注連飾りたちもあと僅かとなり、一点一点が旅に出ることをうれしくも名残惜しく感じる日々です。


北鎌倉にゆかりのあるムカデは商売繁盛はもちろん、家の守神。

亀は万年、縁起物。


輪飾りは一年の感謝としてお世話になった場所や道具にかけて年始にどんと焼きなどで納めるのが良いと思いますが、干支の丑はもちろんムカデや亀などはおうちの設えとして長いお付き合いをしていただきたいものです。


今回は注連飾り以外にも鍋敷きや釜敷きミゴ箒、菓子切りも並んでいます。

新年から新しい道具を迎えるのも気持ちのよいことですね。


今日はクリスマスイブですが、morozumiは藁色がイルミネーションのように輝いております。

生き生きとした綯屋の藁仕事をぜひご覧ください。


年内最終営業日の28日までお休みはありませんので、ぜひお運びくださいね。




「藁を綯う」

綯屋-naiya-注連飾り販売会

12/17thu___28mon

(close.21/22)

10:00-17:00


*注連飾りは数量限定となります。ご了承ください。


+


綯屋-naiya- / 横畠梨絵

草に関する手仕事。

小さな田んぼで農薬を使わずに稲を育て、注連飾りなど作っている。

instagram @rieyokohata


+


商品などのお問合せはメールまたはcontactよりお願いいたします。