かごを干す


2019/08/31


少し前にお店のかごを干しました。


気温は高くても、湿度が60%より少なくて今だ!と勢揃い。

心地よい風も手伝って、気持ち良さそうにしている姿をしばらく眺めていました。


海側の自宅に比べて湿気の脅威には晒されず一安心してはおりますが、やはり家も服もかごも呼吸が必要です。

こんな日を今か今かと待っていました。


かごをお買い求めいただく方とも、上手に付き合う方法は欠かさずお話ししておりますが、住まう土地や環境によってかなり変わりますね。

天然の素材から生まれるものには栄養も含まれるので、カビや虫にとっては豪邸のようなもの。大事に仕舞い込んでしまうとアレヨアレヨと持ち主が自分ではなくなってしまいます。なので、お手入れの一番は「使うこと」

夏のイメージが強いかごですが、私たちは通年使うようにしています。というよりも通年活躍するものばかり。外にも家の中にも車にも...

ですが、何個もあると順番待ちにもなるわけで、しばらく手に取れていないものはこのような湿度の低い日の虫干しやブラシ、箒で網目の掃除をします。



残暑は続きますが、明日から9月です。衣替えのタイミングに合わせてかごのお手入れもされてみてはいかがでしょうか。汚れやカビには、固く絞った布巾で拭き上げた後にしっかり乾かす!ひどい場合には、天然成分でできたアルコールなども使います。

かごを使わない期間は、ユーカリの精油を垂らした布切れや、レッドシダーのチップを小袋に入れて一緒に保管すると防虫にもなります。


大切に編まれたかごです。

お手入れも含めて楽しく長くお付き合いしていただけますように!


そして、ご希望のかごがありましたらお問い合わせくださいませ。

© 2020 by morozumi All Rights Reserved.